New焚火台

 新しく焚火台を購入しました。
煙突構造で炎が吹き上がるので、小さいながらも高火力が得られます。
廃材で五徳を作り、火床からの高さを調節出来るようにしました。
d0170586_206088.jpg

 焚火の跡を残したくないアウトドアフィールドでは焚火台が必要になります。
折りたたむとノートサイズでコンパクトです。
薪も少量で済み、家でもアウトドアでも大活躍しそうです。
d0170586_2074098.jpg

 十数年使っているスノーピークの焚火台は大人数でのBBQには欠かせないアイテム。
だけどヤカンにお湯を沸かしたり、鍋料理をするには、開口部が広くて風で熱が逃げやすく、薪を無駄に消費してしまうのが弱点です。
d0170586_2063045.jpg

 最小限の薪での調理を目指し、廃材を利用して今までにいくつか焚火道具を自作してきました。こちらはステンレス釜式七輪。これも少量の薪で調理が可能です。
d0170586_208232.jpg

 ステンレス大鍋式BBQコンロ。スノーピーク焚火台Lと同サイズながらかなり軽量です。
折り畳めないのが欠点。
d0170586_2084040.jpg

 拾ってきた分厚いステンレス板とステンレスアングルで作ったテーブルは、熱く焼けた鉄鍋を乗せられるのとオールステンレスなので野ざらし、雨ざらしにしても平気なので重宝しています。
d0170586_2091463.jpg

 早速、新しい焚火台の実力を試すために調理してみました。
燃焼効率が良すぎて火力の調節が難しいです。弱火をキープするのが無理か?
 今週もチルチルCafe、よろしくお願いします。
d0170586_2093651.jpg

[PR]
by chiru_chiru2 | 2018-05-23 20:09

奄美大島・阿木名             ℡0997-72-4010


by chiru_chiru2